No.233『会話のきっかけをつかむには』

たかたまさひろの本 累計30万部
リラックスブック
リラックスブック
こころのおそうじ
こころのおそうじ
こころが休まる本
こころが休まる本

——せっかく好きな人ができたのに、うまく自分の好意を伝えられなかった。
——友達をつくりたいと思うのに、自分から他人に話しかけることが苦手だ。
そういう人は、「何を話せばよいのか判らない」「変なことを言ってしまって恥をかきたくない」と、つい尻込みしてしまっているのではないでしょうか。

「何かを話さなければいけない」と考えると、まるで自分が相手に試されているように感じて、失敗を怖れてしまうものです。
いきおい、無理をして必死に自分をアピールしようとして、「押しつけがましい人」という印象をもたれてしまいがちです。

プロのタレントのように流ちょうにしゃべったり、乗りの良い会話で盛り上げようとしたりする必要はないのです。
会話の目的は、自分の考えや気持ちを伝えるということもありますが、それ以上に大切なのは、「きくこと」です。
「きく」とは、「相手の話を聴くこと」と「相手について訊くこと」のふたつの意味があります。

人の話を聞かない人の話は、誰も聞いてくれません。
「何かを話さなければならない」と焦る前に、まず他人の話をよく聞くことからはじめてみましょう。皆、自分の話を聞いてほしい、自分に関心をもってほしいと思っているものです。
「あなたの話を聞きますよ」という態度を見せることが、他人とうち解ける大きなきっかけになるのです。
相手が何も話してくれないなら、そのときは自分から質問をして話題をつくればよいのです。

何を質問すればよいのかということさえ判らないのなら、それは「相手に興味がない」というのと同じことです。
好きな人のことは、いろいろ知りたいと思うのが当然です。
仕事の同僚であれば仕事のこと、学校の友人であれば学校の行事のこと、訊くことはいくらでもあります。

家族や生い立ちなど、いきなり立ち入った質問をするのはよくありませんので、趣味や休日の過ごし方などの軽い話題から入るのがよいでしょう。
ふつう、質問された相手も、「自分のことについて尋ねられれば、相手のことも訊き返すのが礼儀だ」と考えるでしょう。
そこから自然な会話が生まれるのです。

また、「近況を尋ねる」というのも会話の基本です。
相手が以前に風邪を引いていたなら、「風邪は治った?」と気遣う。コンサートに行くと言っていたなら、「この間のコンサートはどうだった?」と感想を訊く。
「私はあなたの言ったことをよく覚えていますよ」という態度を示すことが、充分に好意を伝えることになるのです。
あえて「どうやって好意を伝えればよいか」などと形式的に考えることはありません。

嫌われずとも、自分にあまり興味をもってもらえない、ということはたまにあります。
しかし、それで自分の好意が無駄になったと思うのなら、その自分の好意も本物ではなく、「恋人がほしい、友人がほしい」という一方的な押しつけにすぎなかったということです。
「なぜか他人に避けられることが多い」という人は、まさにその押しつけがましいところが問題なのではないでしょうか。

自分から相手を好きになっておいて、「あなたが先に私を受け入れてくれなくては、私もあなたを受け入れられません」というのは、おかしな話です。
人間の価値は、「人に何をしてもらったか」ではなく、「人に何をしてあげたか」で決まります。
よい人間関係を結ぶためには、自分から好意を示すことこそが重要であり、それができれば9割がたは成功したと考えてもよいのです。

「おかしなことを言ってバカにされたらどうしよう」と怖れてしまうのは、言い換えれば、相手の人格を疑っているということです。
相手の都合を考えずに自分の気持ちを押しつけたり、悪意をもって相手を非難したりしないかぎり、たとえおかしなことを言っても、バカにされるということはほとんどありません。

こちらに悪意がないのに、「変だから」という理由だけで嫌われてしまうのだとしたら、相手はしょせんその程度の人間だということです。
嫌われることを必要以上に怖れてしまうのは、相手を心のせまい人間だと決めつけているのと同じことです。つまり、「好きではない」ということなのです。
好きでもない人に気に入られようと努力することはありません。
「好きである」という言葉は、相手の人柄を充分に理解し、尊重した上で使うべきなのです。

会話の目的を「自分を知ってもらうこと」ではなく、「相手を知ること」だと考えれば、ずいぶん気は楽になります。
「どれだけ自分をアピールできたか」ではなく、「どれだけ相手を知ることができたか」によろこびを見いだすことが、好きな人に対する本来の姿なのです。

No.230 - 239
前の10件 次の10件