No.076『自分は自分を裏切らない』

たかたまさひろの本 累計29万部

リラックスブック

こころのおそうじ

こころが休まる本

誰にも認めてもらえず、ずっと心を閉ざして生きてきた人が、ある優しい人との出会いによって、はじめて「自分を受け入れてもらえる喜び」を知り、幸せに目覚めるという話は、よく聞きます。
それはそれで、すばらしいことです。自分に自信がもてず苦しんでいる人の多くは、そういう幸運を期待しているでしょう。

しかし、もっと大きな幸せが存在します。それは、「自分がつくりあげる幸せ」です。
他人に裏切られることはあっても、自分に裏切られることは絶対にありません。
「自分がつくりあげる幸せ」には、揺るぎない強さがあります。生涯の大きな自信となります。

自分に自信がもてないという人は、「自分の弱さ」に悩んでいるのではなく、実は、「他人が自分を正当に評価してくれない」ことで苦しんでいるのです。
何か目標をもって努力してみても、「努力している自分」の中に価値を見いだすことができず、すぐに表面的な結果を求め、「他人がそれをどう評価してくれるか」を気にかけてしまいます。

「自信がもてない」という嘆きの裏には、「自分を認めてくれない他人」への非難があります。
本当は、「まわりの他人が、もっと積極的に自分のことを尊重してくれれば、こんなに苦しまずにすむのに」と言いたいのです。
「なかなか友人ができない」と悩んでいる人は、「誰かと仲良くしたい」と思っているのではなく、「誰かに仲良くしてほしい」と思っています。
自分の意志によるものではなく、他人の気分ひとつによって簡単に左右されてしまうものに悩んでいるから、いつまでたっても自分の力では解決できないのです。

嫌味な会社の同僚、思いやりのない恋人、意地悪ばかりする嫁、姑……。
心ない他人に傷つけられているせいで自分は不幸なのだ、と嘆いている人も多いことでしょう。相手が心を入れ替えて、もっと自分を尊重してくれたら、自分も少しは相手に優しくしてあげられるのに、と思っている人もいるかもしれません。

しかし、互いに「相手が変わらなければ、自分も変われない」と思っていては、まったく進歩がありません。
相手に変わってほしければ、まず自分の「相手に対する態度」を変えなければならないのです。

「相手のほうが間違っているのに、どうして自分が変わらなければならないのか」と、譲歩することが敗北であるかのように考えてはいけません。かたくなに譲らない人のほうこそ、実は敗者なのです。

「相手が変わったおかげで、自分も変われた」というのでは、相手のほうが上手(うわて)だということになってしまいます。
「意地っ張りな他人」を非難しておきながら、本当に意地を張っていたのは自分だったということです。そのほうが、かえって悔しい結果ではないでしょうか。
他人と勝負したいなら、「どちらが先に折れるか」で張り合うのではなく、「どちらが精神年齢が上か」で競い合えばよいのです。

誰かがあなたにつらく当たるのは、やはりあなたに対して何か不満があるからです。
もしあなたが、「自分には何ひとつ落ち度はない」と思っているのだとしたら、そのごう慢な思い上がりこそが、最大の過ちだといえるでしょう。

相手に譲るということは、自分の主張を曲げて相手に屈することではありません。自分の考えと同じくらいに、まず相手の考えも認め、共感してあげた上で、自分の意見を述べればよいのです。
どんなに意地っ張りな人も、他人に共感してもらえれば、意地を張る気力など失せてしまうはずです。

「他人が先に変わること」を求めるのは、幼稚な子供です。
「他人が悪い」のがたとえ事実だとしても、そんなくだらないことにこだわるのは、ばかげています。他人の悪い部分に簡単に影響されてしまう自分を改めるべきです。
他人の悪いところをいちいちあげつらっていては、一生かけてもきりがありません。
劣等感の大きい人ほど、他人の欠点に対しても敏感なのです。

先に自分が変わることで、人生の満足度は大きく変わります。
他人が自分を尊重してくれなくても、自分は他人を尊重すればいい。
他人に裏切られても、自分は他人を裏切らなければいい。
自分の幸せは、自分の意志でつくり上げるものなのです。

人付き合いに勝ち負けはありません。
「損をすること」に怯えて神経をすり減らすよりも、「損得など気にしない」ことのほうが、はるかに心豊かに生きることができ、自分にとっては絶対に「得」なのです。

No.070 - 079
前の10件 次の10件