メッセージ [ No.050 - 059 ]
たかたまさひろの本 好評ロングセラー
こころが休まる本
(だいわ文庫)


たかたまさひろ(著)
大和書房
648円
リラックスブック
(だいわ文庫)


たかたまさひろ(著)
大和書房
596円
こころのおそうじ。
(だいわ文庫)


たかたまさひろ(著)
大和書房
617円

メッセージ [ No.050 - 059 ]

広告
前の10件 次の10件

No.050 『愛されるかどうかということを気にしない』

あなたが、会社の同僚の仕事が忙しそうなので手伝ってあげようと思っているとします。
そのとき、同僚に「見ていないで、手伝ってくれよ」と要求されると、あなたは、逆にやる気を失ってしまうのではないでしょうか。
人は誰でも、「自分の意思で行動しているのだ」と思いたいものです。他人に命令されたり要求されたりしたことを、すすんでやろうとは思いません。

愛される人間になるための絶対条件は、「他人に愛されるかどうかということを気にしない」ということです。
相手の関心を自分に向けさせようとして、媚びたり、逆に冷たくしてみたり、いろいろな駆け引きを挑んで、結局うまくいかず、疲れきってしまっている人は、思い切って、「どう思われようとかまわない」と開き直ってみてください。
(つづく)

No.051 『好き嫌いをはっきりさせる』

「自分が自分でないような感覚」を訴える人は、少なからずいます。
人の輪の中に入って話をしていても、「楽しそうに見せなければならない」という義務感が先に立ち、上っ面な笑顔を見せるだけで、心から楽しめない。
「人生の目標をもたなければ」という意識はあるが、自分が何がやりたいのか、何を楽しいと思うのかさえ判らず、ただ焦るばかりで、何も行動を起こせない。

自分が嬉しさ、楽しさを感じる前に、「どういう感情、思考を抱くことを他人から要求されているか」を読み取ってしまい、それに合わせてしまうのです。
しかし、それは自分の勝手な思い込みで、本当は、誰もそんなことは要求していないのです。
(つづく)

No.052 『本当の謙虚さをもつ』

自分に自信のある人ほど、謙虚になれるものです。
しかし、この「謙虚」を、単なる臆病と勘違いしてはいけません。本当の謙虚さの裏には、他人を思いやる気持ちが必要です。
単に、他人から否定されるのが怖いから、自ら先回りして「どうせ自分なんか」と自分を卑下する人は、謙虚でも何でもありません。むしろ、ごう慢であるとさえ言えます。

ことさらに「どうせ自分なんか価値がない」と強調する人は、他人から「そんなことはないよ」と否定してほしいと思っているのです。無意識のうちに、他人の心を操作して、自分を認めてくれるように仕向けようとしているのです。
(つづく)

No.053 『意識して上機嫌に』

幸せな人とは、いつも上機嫌でいられる人のことです。
「いいことがあったから、機嫌がいい」のではなく、「上機嫌な人には、いいことが起こる」のであり、「悪いことがあったから、機嫌が悪い」のではなく、「不機嫌な人には、悪いことしか起こらない」ものなのです。

アランは、「幸福論」の中で、「悲観主義は気分に属し、楽観主義は意志に属する」と言っています。
嫌なことがあるとすぐに落ち込んだり、怒ったりする人は、意志が弱く、気分に流されやすい人だと言えます。
対して、いつも上機嫌でいる人は、悩みがないわけでも、何も考えずにのほほんとしているわけでもなく、強靭な意志をもって、つねに上機嫌であるように努めているのです。
(つづく)

No.054 『WHYではなく、HOWで解決する』

先月、テレビの情報番組で、何年間も家に引きこもっていた青年が、勇気を出して運転免許取得の合宿に出かける様子を放映していました。
母親は、息子のために、合宿に持っていくもののリストをこと細かに紙に書きとめ、準備をしてあげていました。母親の「私は、息子のためにこんなにも献身的に尽くしてあげている」と言いたげな態度に、私は怒りさえ覚えました。

二十歳を過ぎた大人が外出するのに、母親が持ちものを用意してあげているのです。雨が降っているからと、ご丁寧に電話でタクシーまで呼んで、門の前まで息子を見送ってあげていました。
この青年はずっと、母親からこうして、「お前は、お母さんがついていなければ、ひとりでは何もできない、ダメな子なのよ」という暗黙のメッセージを受け取り続けてきたのでしょう。
(つづく)

No.055 『人間関係は、まず自分から』

ある本で読んだ話です。
東京で営業の仕事をしているサラリーマンが、地方の支社に出張で訪れました。
その支社には、かつての彼の部下で、目をかけてやっていたAさんがいます。
彼は、Aさんの仕事ぶりが気になり、支社の社員のBさんとCさんに、Aさんの評判について尋ねてみました。
Bさんは、「Aさんは、ろくにあいさつもしないし、人の目を見て話そうとしない。営業マンには向かないね」と批判しました。
また、Cさんは、「Aさんは、はきはきとあいさつをするし、愛想もよくて、話しやすい。営業の仕事は、まさにうってつけだよ」と褒めました。
同じAさんの人柄について、BさんとCさんは、まったく逆の印象をもっているのです。これはいったい、どういうことなのでしょうか。
(つづく)

No.056 『言葉の本質を見極める』

「借りたお金は、返さなくてはならない」
この言葉は、それだけをとり上げて考えれば、正しいことであり、異論をはさむ余地はありません。
ヤミ金融などの悪徳業者は、この「正論」を盾にとります。そもそもの金利が法定限度を超えていることや、暴力的な取立てが違法であることは棚に上げて、ただ「借りた金は返せ」という大儀名分だけで押し通そうとします。
どうせ刑事罰の対象となるような犯罪を犯しているのですから、はじめから強盗でもすればよけいな手間が省けるのに、わざわざご丁寧にお金を貸しておいてから、「借金を取り立てる」という名目で自分たちを正当化するところが、彼らの卑怯で小ざかしいところです。
(つづく)

No.057 『他人の好意を素直に受け取る』

他人に何かをしてもらったとき、それを当然のように考えて、感謝の気持ちをまったく示さないのは、よくありません。
しかし逆に、他人の好意をかたくなに拒否するのも、考えものです。
他人に何かをしてもらうことを拒むことは、遠慮しているようでいて、実は、「あなたに借りはつくりたくない」と言っているのと同じで、失礼な態度ともとられかねないのです。

他人の好意を素直に受け取ることができない人は、おそらく、恩着せがましい親に育てられたのではないでしょうか。

「どうして、お母さんにいつも迷惑ばかりかけるの」
「お父さんは、お前たちのために、こんなにも苦労して働いているんだぞ」
(つづく)

No.058 『腹が立ったときが、自分を見つめ直すチャンス』

他人の言動が気に障ったときこそ、自分の過去を振り返ってください。
「私は、これまで一度も、他人に迷惑をかけずに生きてきただろうか。知らぬ間に他人を傷つけてしまってはいないだろうか」

他人に何かをしてあげたのに、感謝の言葉が返ってこなくて、悲しいと感じたなら、よく思い出してください。
「私は、他人に感謝すべきことに、きちんと感謝を示しているだろうか。何かをしてもらうことを当然と考えて、感謝の心を忘れてしまっているのではないだろうか」

他人に侮辱的な態度をとられて憤慨したときは、自分の言動を省みてください。
「私は、他人に接するとき、誰に対しても誠意を示し、相手の人格を尊重しているだろうか。相手の身分や身なり、性別や貧富の違いによって態度を変えてはいないだろうか」
(つづく)

No.059 『カタチにとらわれない』

テレビで、質屋さんの仕事の内容を取材した番組を放送していました。
ある若い女性が、海外で購入したというブランド物のバッグを質屋に持ち込みましたが、鑑定の結果、すぐにそれはコピー商品であることが判明しました。彼女は、「本物だと思って買ったのに、だまされて悔しい」と憤慨していました。
ブランド品などひとつももっていない私は、素朴な疑問を抱いたのですが、本物か偽物かも判別できない人が、なぜ高級ブランドのバッグを所有しているのでしょう?

彼女は、商品の品質を見極めて、「よい品物だ」と判断して購入したのではなく、単に、「私は、高級ブランド品をもっている」ということをまわりに見せつけ、優越感に浸りたかっただけなのです。エルメスなら「エルメス」のロゴが入っていれば満足だったのです。
たとえ偽物であっても、ちゃんと「エルメス」と書いてあるのですから、別に問題はないのではないでしょうか。メーカーにとっては損害となりますが、彼女は何も損をしていないわけです。
(つづく)

前の10件 次の10件