メッセージ [ No.170 - 179 ]
たかたまさひろの本 好評ロングセラー
こころが休まる本
(だいわ文庫)


たかたまさひろ(著)
大和書房
648円
リラックスブック
(だいわ文庫)


たかたまさひろ(著)
大和書房
596円
こころのおそうじ。
(だいわ文庫)


たかたまさひろ(著)
大和書房
617円

メッセージ [ No.170 - 179 ]

前の10件 次の10件

No.170 『自分とどう向き合うか』

勉強のできる子。まじめに仕事をこなすがんばり屋さん。涙を見せない強い人。
他人から評価されたいために、必死でとりつくろってきたのに、自ら作り上げた自分のイメージが窮屈になって逃げ出したくなる、ということがあります。

見くだされれば悔しいし、過大評価されれば居心地が悪い。
他人の評価ばかりを気にしているかぎり、たとえ努力してよい評価をえられたとしても、今度は「誰も本当の私を理解してくれない」という不満が募るようになってしまいます。
他人からの評価は、もちろん、えられたほうがよいに決まっていますが、それは目的ではなく、結果にすぎません。
(つづく)

No.171 『人間の弱さを憐れむ』

ある女性は、引っ込み思案な性格で、自分は一生恋愛などできないと悩んでいたのですが、そんな彼女でも好きだと言ってくれる男性が現れ、付き合うことになりました。
彼は笑顔が素敵で、紳士的で、とても優しい人でした。毎日が幸せでした。

ところが、彼女は大変ショッキングな事実を知ってしまいました。彼は遊び好きで、ほかに何人も付き合っている女性がいたのです。
いい人だと思っていたのに……。あの素敵な笑顔も、優しさも、すべては自分をあざむくための芝居だったのか。そう考えると悔しくて仕方がありません。
有頂天になっていた自分が恥ずかしい。もう男なんて信じられない。彼女は人間不信になり、怖くて男性と話をすることもできなくなってしまいました。
(つづく)

No.172 『感情に支配されず、感情を拒絶もせず』

自分を好きになれない人は、不快な感情に支配されてしまっています。
なぜ好きな人の前でもっと上手に話せないのだろう。
なぜ仕事や勉強にやる気がでないのだろう。
なぜあの人は、あんな嫌なものの言い方をするのだろう。
些細なことで頭がいっぱいになり、気にかけまいとすればするほど、そんな些細なことにこだわっている自分に嫌気がさし、ますます自己嫌悪が深まってしまうのです。

怒りや悲しみなどをガン細胞のように取りのぞくことはできません。
不快な感情も自分の心の一部なのです。それらを否定することは、自分自身を否定することにほかなりません。
誰でも多かれ少なかれ、日常の些細なことを気に病んで生きています。
気にすることが悪いのではなく、「気にすることを気にしてしまうこと」が問題なのです。
(つづく)

No.173 『健全な罪悪感を育てる』

自分に自信がもてず、なかなか他人に心を開けない人は、心の中に罪悪感を抱えています。
どうせ他人は私と一緒にいても楽しくないのだろう、私なんかが話しかけると他人は迷惑に思うに違いない……。
自分のことはいつも後回しにして、他人の気持ちを先回りして読み取ってしまうから、つい自分を抑えてしまうのです。

たしかに、人間にとって罪悪感というものは必要です。
悪いことをしても、他人を傷つけても、悪びれず平然としている人というのは、鈍感で、自己中心的で、まったく迷惑な存在です。
本当に自分が間違っていたと反省し、自分を改めたいと思うならば、罪悪感は、自分を成長させるエネルギーとなります。
自分に誇りをもち、胸を張って生きようと思うからこそ、そうではない自分に恥ずかしさを感じるのです。
(つづく)

No.174 『習慣を変えてみよう』

秋から冬にかけては特に、朝なかなか起きることができず、一日中気分も晴れないということがあります。
そういうとき、朝の1〜2時間、人工的な光を浴びることによって、うつ状態が改善されることがあります。
生体のリズムの狂いは、身体の問題ですから、精神力でどうにかなるというものではありません。

やる気が出ない、自信がもてないと悩んでいる人は多くいますが、そういう人たちのもっとも大きな問題点は、すべてを「心の問題」で解決しようと努力してしまうことです。
(つづく)

No.175 『問題を個別に考える』

「最近の若者は」「主婦は」「フリーターは」などと、特定の層を十把ひとからげにして論じられると、言われた側は不愉快に感じるものです。
「最近の若者」にもいろいろな人がいるのだから、個々人を見て個別に判断してほしい、と思うことでしょう。

しかし、私たちは、自分に言い訳をするときは、知らず知らずのうちに、この「一般化」でごまかしてしまっているものです。
どうせ貧乏な男は女性にもてないだろう。
どうせ女は容姿が美しいほうが得をするのだ。
どうせ自分には学歴がないから。どうせ自分は親に愛されずに育ったから……。
(つづく)

No.176 『うまく話し合うために』

口べたな人は、いつも他人に言い負かされ、自分だけが我慢させられているように感じてしまいます。
「もっとうまく話せるようになれば、他人にやり込められずにすむのに」と思っている人もいるかもしれません。

しかし、人間関係は、「弁が立つ者が勝ち」というものではありません。
口べたな人は、「自分の言ったことを否定されたくない」という思いが強すぎるのではないでしょうか。
(つづく)

No.177 『したいこと、できることから始める』

人は誰も、「こうありたい」という理想を抱いています。
そして、理想を目指して前向きに進んでいく人もいれば、理想にかなわない自分を嫌悪してしまう人もいます。
理想が自分を向上させる力となるか、押しつぶす重圧となるかの違いは、それが自分の願望であるか、他人の願望であるかによります。

人間関係におけるストレスや緊張は、他人の要求に応えなければならないという重圧から生まれます。
もちろん、家族や社会の一員として、他人の正当な要求には応えなければなりませんが、自分に与えられた務めを立派に果たすということは、本来、自分にとっても喜ばしいことのはずです。
(つづく)

No.178 『他人に分かってもらうこと』

私たちは、他人に自分を分かってほしいという欲求をもっています。
誰でも、他人から認めてもらえればうれしいし、否定されれば悔しく、悲しいのは当然です。
しかし、はじめから「分かってもらうこと」を求めてしまっては、自分を見失い、他人に振り回されるだけの人生を送ることになります。
対人関係の苦手な人は、「分かってもらうこと」を当然のように要求するから、失敗を怖れてしまうのではないでしょうか。

他人の目ばかりを気にしている人は、10人中9人が自分に賛同してくれても、1人に反対されれば自信を失ってしまいます。
まわりに精一杯気を遣っているつもりではいますが、その気遣いとは、本当の思いやりではなく、ただ自分が否定されることを怖れて予防線をはっているだけなのです。
(つづく)

No.179 『原因と結果を逆に考えてみる』

会社を経営して羽振りのよかった人が、その会社が倒産してしまった途端、立場が逆転し、窮地に立たされることになりました。
これまでもみ手ですり寄ってきていた取引業者たちも、手のひらを返して厳しく債権を請求してくるようになりました。もう誰も社長の見方になってくれる人はいません。
そして、社長は嘆くのです。
「皆、結局、金のことしか考えていないのか。ああ、人間はこんなに簡単に変わってしまうものなのか。悲しいことだ」

しかし、まわりの人間が変わったのではありません。変わったのは、社長の立場だけです。
これまで、社長がお金を介しての人間関係しか築いてこなかったから、いざというとき、誰にも助けてもらえなかったのです。
損得を抜きにして人間として慕われ、信頼されていたなら、誰か救いの手を差しのべてくれる人はいたことでしょう。
お金のことしか考えていなかったのは、社長自身なのです。
(つづく)

前の10件 次の10件